義母と娘のブルース 8話の動画見逃し無料視聴

義母と娘のブルース

ドラマ「義母と娘のブルース」8話の動画は見逃し無料視聴できるのかどうかこちらで確認できます。

義母と娘のブルースの動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.18

義母と娘のブルース 8話のあらすじ

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。
このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!
果たして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか !?
一方、店の再建を目指し一生懸命な亜希子の姿を見て、いつしか麦田に心境の変化が…。

出典:TBS公式サイト

義母と娘のブルース 8話の予告動画の無料配信

Youtubeでは「義母と娘のブルース」8話の予告動画が無料で配信されています。

義母と娘のブルースの動画見逃し無料視聴の方法

義母と娘のブルース 8話の視聴前の期待

さき

話の方向性がガラッと変わっているのに、亜希子のキャラがぶれないところが面白くて好きです。

初めはみゆきの母になるために奮闘し、良一が死んでからはみゆきに親の背中を見せるために奮闘し、次はベーカリー麦田を立て直す為に奮闘する…。

すごく男らしいのに、女性としての魅力もすごくある亜希子はすごい魅力的なキャラだと感じてきました。

亜希子がベーカリー麦田の再建案を出すと何故か「店が繁盛するんだろうな」と言う安心感があります。

平凡なお店のベーカリー麦田を一旦閉店してのリニューアルオープンに際して、亜希子がどんな再建案を立てているのか凄く気になります!

家族ドラマだと思っていたのに、家族愛以外の所で考えたり楽しめたりするところがこのドラマの最大の魅力だなと感じました。

また麦田と亜希子の恋の行方もすごく気になってます!

麦田の亜希子にキュンキュンするポイントが少年っぽくてかわいいです。

上目使いやうなじにやられてる麦田が、今までのクールな佐藤健さんとかけ離れていて、佐藤健さんのイメージが少し変わりました。

麦田は中途半端の天才だけど、実はけっこうピュアなんだなあと…ちゃらんぽらんに見えて女遊びとかはしないキャラなのかなと好感が持てました。

ベーカリー麦田のリニューアルオープンに向けて、これから亜希子がどんな頑張りを見せるのか、麦田が今まで見せたことのない努力を見せるのか、今までみたいに途中で逃げ出してしまうのかとても楽しみです!

としや

麦田は亜季子の指示そ受けつつ、亜季子と共にベーカリー麦田の仕事に携わるようになっていく。

亜季子はベーカリー麦田の経営を立て直すためには、あんぱん以外のパンの質を上げて、お客さんに美味しいと思ってもらうことで、ベーカリー麦田にはまた行きたいと思えるような気持ちを持つことが大切だと判断し、そのためには麦田の父の作るパンのレシピが必要だと考えた。

だが、麦田の父は今まで麦田のだらしない様子を見た以上、麦田にレシピを教える義務はないと言った系の発言を口にすることになった。

それを受け、亜季子は麦田の父が作ったというパンを食べ、パンのことについて調べ上げて、レシピを推測することに成功し、麦田がそのレシピを見てパンを作る。

やがてあんぱんと同じくらいに他のパンも美味しくなっていき、お客さんの間の評判が上がっていく。

ということを、ベーカリー麦田の話ではそういった展開になるかどうかに期待する。

みゆきは麦田の作ったパンを食べて感動をし、またベーカリー麦田で仕事をする亜季子や麦田の姿を見て、自分も本当に行きたい学校はどこかということを探りながら受験勉強に力を入れるようになった。

亜季子はみゆきの話を聞き、アドバイスを送る。

さらに、みゆきは大樹の頑張りに刺激をもらい、自分がやりたいこととは何かということを見つけることに成功したという、みゆき及びみゆきの周辺ではそうなっていくかどうかに期待する。

麦田は、亜季子が必死にベーカリー麦田を立て直そうとするのを見てだんだん亜季子に惹かれていき、亜季子のことが好きになり、麦田と亜季子の間に恋は落ちるかどうかというのも楽しみなポイントとする。

ゆか

まず今回の見所は前回見ても驚いたのですが、流石亜希子と言うべきか麦田の数多くある一つ一つのパンの味とか香りなどのデータや店長麦田章の性格の悪い処や良い処を綿密に研究していてデータ化している亜希子さんの凄さだけでなく、私自身最も驚いたのが店長章のパンの芸術的な形(炎のような木の葉の様な模様など)でした。

何時も若干のんびりダラけた印象のある章にもこんなカリスマ性のある特徴もあったんだなとびっくり!しました。

はっきり言ってこの芸術的な形のパンにインパクトのある美味しい味が加わればかなり繁盛するのではないか?という期待感やリニューアルオープンまでにどんなパンが完成するのか?という期待と工程の面白さがパンと同じ様に膨れ上がってきました。

もし美味しいパンが出来れば章にも自信が付くだろうしパンを作ることの楽しみややり甲斐だけでなく仲違いしている父親に認められる日が来る可能性もあるからです。

亜希子も昔に比べると料理の上達もしているみたいだし、一体、どんなパンが完成されるのかここはかなり見所ですね!

そして私自身何気に気になるのがみゆきの進路。

何時もブス呼ばわりする大樹との恋の行く末は大樹自体悪い奴じゃないから、寧ろ良い奴(さり気なくみゆきを見守ってくれている・例えば混雑している電車の戸をみゆきの為に防いでくれたり、レストランのエアコンを消してくれたりなど)だから見所のひとつではあるのだが正直この2人は心配はしなくて済むようなカップルですよね。

大樹ならみゆきを任せられる!!

只みゆきの進路は母親のパン屋で頑張る背中などを見て何か少しでも自分のやりたい事のキッカケを掴めれば亜希子も御の字なのではないでしょうか?

元々は亜希子にとってそこが1番の目的だったと思うので。

頑張れベーカリー麦田一同!

頑張れみゆき!

あかね
前回は、佐藤健が演じる店長のベーカリー麦田に就職した綾瀬はるかの奮闘ぶりと、佐藤健演じるダメダメ店長の対照的な2人のやりとりに笑わせてもらいました。

最後のほうで、佐藤健が綾瀬はるかの演じる岩本さんではなく、宮本さんのことを女性として見るようになるシーンが流れたので、店長が宮本さんとどのように接するようになるのかが、次回の一番気になるポイントです。

義母に新しい恋が生まれるのは信じられないのですが、意外な展開でもおもしろいかなと思います。

前回は義母と娘との間に少しトラブルがありましたが、娘が思いをぶつけたことで修復されたので、娘に関しては受験の結果がどのようになるのか、勉強を教えてもらっている幼馴染との関係がどうなるのか、展開に注目しています。

綾瀬はるかのまっすぐな義母役がおもしろおかしく、観ているとほっこりしますが、それよりも今まで繊細な役が多かった佐藤健が、能天気で明るい店長役をやっていて、合うのかな?と疑問でしたが、今までにないキャラクターが新鮮で、店長のセリフや表情を見ることが特に楽しみになっています。

竹野内豊演じるお父さんが亡くなって第2章が始まってからは、佐藤健に着目して観ています。

お父さんが胃癌で亡くなるといった暗い内容もありましたが、家族愛が描かれていて、こんな家族になれたらいいなというあこがれも感じながら観ています。

人間関係が希薄になっている世の中ですが、誰かのために一生懸命になることは改めて大事な点だと教えてくれるように思います。

義母と娘のブルースの動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.18

義母と娘のブルース 8話の感想

まみこ
ドラマを観ていて、上白石萌香さんの演技力にはびっくりしますね。

子役時代のみゆきちゃんが高校生になったら、間違いなくこんなだろうと思えるくらい、声、表情、口調、手つきなどが完コピしてるくらい似ています。

みゆきちゃんが亜希子さんさながらの秘めたる能力を発揮し、ベーカリー麦田の復活の手助けとなるなんて、小さい頃から成長を見守ってきたおばちゃんみたいに、涙が出そうでしたよ。

今やみゆきちゃんにとって亜希子さんは義母でありながら、実の母とは違ったポジションで、一番大切な人になっていて、そんな2人の関係性を見ていると、学ぶべきところが多いです。

私には20歳になる大学生の娘がいますが、たまに扱いに困ることがあります。

明らかに間違ったことを言ったりしたりする時があるので、助言すると、説教じみて感じるのか、軽くスルーされて聞く耳を持ちません。

でも、亜希子さんのみゆきちゃんに対する態度を見ていると、決して上から押し付けがましくなく、それでいて、自らの行動で正論や正解を実践して見せることで、自然に伝えたい気持ちが浸透しています。

そうか、私は娘に口で正論を言うばかりだったと反省いたしました。

親だからって、何も偉くなく、ただ先に生まれただけの人間として、対等な立場で接する気持ちを亜希子さんに教わりました。

亜希子さんばりに正座して土下座はできませんし、亜希子さんのようにずば抜けた能力もありませんが、亜希子さんはこれから先、私の人生における目標にしたい女性です。

あやか
8話ではダメダメ男の麦田のパン屋をリニューアルして盛り立てようとする亜希子が奮闘するお話でした。

麦田はどんな仕事もすぐに投げ出してしまうダメダメ男でパン屋も案の定うまく行ってなかったのですが、亜希子が働く意欲や根気などの人生勉強を麦田に知らず知らずのうちにして行ったような気がします。

そして、麦田の親子関係まで今回改善してしまいました。

亜希子は本当に仕事のできる女性だなあと感心します。

今回、麦田と亜希子の会話の中で大笑いしたものがあります。

それは、パンの開発に試行錯誤し、苦しんで苦しんで新しく耳までおいしい食パンを麦田は開発することができた時のものです。

苦しいのに、その努力が楽しく感じられたと亜希子に麦田が伝えるシーンがありました。

そして、「しんどいのに、楽しいって、変態っぽいっすよね。」というようなことを麦田が言うのですが、それに対して、亜希子の返事が面白かったです。

亜希子は「これからはどんどん変態になっていただきたいと存じます。」と「変態」という亜希子に最も似つかわしくないワードを盛り込みながら、丁寧な言葉遣いで言うところが最高に面白かったです。

このセリフを亜希子が言った時に熱いお茶を飲んでなくてよかったとすら思いました。

飲んでいたら、お茶を吹き出していたか一気に喉に流し込み、火傷していたかもしれません。

それから8話でよかったのは、麦田がどんどん女性として亜希子にほれてきているのが分かったところです。

ドラマの中で、「おばさん」と亜希子のことは称している麦田ですが、亜希子を演じているのはあのいつまでもかわいらしい綾瀬はるかです。

恋愛ドラマもまだまだいけます。

9話では麦田の恋も描かれるようなので楽しみです。

娘のみゆきがお母さんをとられてしまうかもしれないと心配になると思うのですが、もともと亜希子はみゆきの本当のお母さんじゃありません。

それなのに、大きな愛情でみゆきを育ててくれていました。

恋人ができてもできなくても亜希子のみゆきへの愛情と絆は不変だと思います。

人のつながりに血縁は関係ないのだと思います。

そこに愛があるかないかで人とのつながりが変わると思います。

なので、みゆきはなにも心配することないのになあと思いました。

義母と娘のブルースの動画見逃し無料視聴の方法

義母と娘のブルース 8話のスタッフ

脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、中井芳彦、大形美佑葵
演出:平川雄一朗、中前勇児
音楽:髙見優、信澤宣明
製作著作:TBS

義母と娘のブルースの原作

『義母と娘のブルース』 桜沢鈴 (ぶんか社刊)

義母と娘のブルースの主題歌

『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』
MISIA (アリオラジャパン)

義母と娘のブルース 8話のキャスト

宮本 亜希子 … 綾瀬はるか
宮本 良一 … 竹野内豊
麦田 章 … 佐藤健
宮本 みゆき … 上白石萌歌
友井 智善 … 川村陽介
西条 乙女 … 橋本真実
猪本 寧々 … 真凛
前原 大輔 … 村本大輔
宮本 愛 … 奥山佳恵
田口 朝正 … 浅利陽介
笠原 廣之進 … 浅野和之
下山 和子 … 麻生祐未

義母と娘のブルースの動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.18