ハゲタカ 6話のあらすじとネタバレ感想

ハゲタカ

ドラマ「ハゲタカ」6話のあらすじとネタバレ感想について述べたいと思います。

ハゲタカ 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.23

まずは気になるあらすじからどうぞ。

ハゲタカ 6話のあらすじ

総合電機メーカー『あけぼの』とPCメーカー『ファインTD』が統合に向けて動き出す中、それを阻止するべく、鷲津(綾野剛)率いるサムライファンドは『あけぼの』に対してTOBを行うことを発表。記者会見を開き、『あけぼの』現経営陣と『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)を真っ向から非難する。
思いがけない先制攻撃に対し、滝本は大金をチラつかせ鷲津を牽制。泣き落とし、恫喝、とさまざまな方法で『あけぼの』から手を引かせようと画策する。それでも鷲津が引かないと知ると、今度はマスコミを使って一大ネガティブキャンペーンを開始。新聞や週刊誌に一斉にハゲタカ外資を批判する記事が掲載される。

そんな工作には屈することもなく、サムライファンドは『あけぼの』株のさらなる買い付けを推進。筆頭株主となって、『あけぼの』と『ファインTD』の統合にストップをかけるというのが鷲津の狙いだった。
さらにマスコミの攻勢を逆手に取り、テレビの報道番組に出演した鷲津は、その場で「『あけぼの』を狙う『ファインTD』の背後には、アメリカ最大の軍需産業ファンドが潜んでいる」と告白。「外資に操られ日本の技術を売り渡そうとする輩は下劣な売国奴だ」と、ふたたび語気を強めて批判する!
やがて滝本の背後にいた軍需産業ファンド『プラザ・グループ』が、直接『あけぼの』買収に動き出し…?

一方、鷲津が去ったホライズンジャパン・パートナーズによって売却された『日光みやびホテル』の株は、外資系ホテルグループ『クラウンセンチュリーホテル』によって買い取られていた。しかし『クラウンセンチュリーホテル』の傘下に入るにあたり、突きつけられた条件は貴子(沢尻エリカ)にとって受け入れがたい点が多く、交渉が難航する。「自分に何かできることはないか」――そう問う鷲津に、貴子は…。

やがて、壮絶な株の買い付け合戦を繰り広げていたサムライファンドと『プラザ・グループ』に、新たな展開が…!

出典:テレビ朝日公式サイト

ハゲタカ 動画見逃し無料視聴の方法

ハゲタカ 6話のネタバレ感想

それではドラマ「ハゲタカ」6話のネタバレ感想です。

さとる

先週からのあけぼの電機の買収劇の続きで、高嶋政伸が社長のファインと綾野剛演じる鷲津との争いが見物でした。

6話は最初から高嶋政伸が鷲津を料亭に呼んでアタマを下げるシーンからで、もう負けたと観念したのかと思いきや、諦めてくれとアタマを下げるとはなかなか面白いスタートでした。

それであっさり断られると、鷲津のネガティブキャンペーンとは今の時代を反映しているシーンだなとつくづく思わされました。

また、あけぼの電機会長が高嶋政伸と結託していたが、最終的にファインのバックにいたアメリカの軍事ファンドが直接TOBに参加してきて、思い通りにならないと分かってもなかなか会長辞任しないのは往生際が悪い官僚みたいやなと考えさせられました。

あと、テレビ朝日の大下アナが鷲津との番組内対談で出ていたのはとてもリアルでした。

そのあと、軍需ファンドがあけぼの電機を直接TOBしてきたら、鷲津はFBIからの不正情報を手に入れること自体凄いことなのにその情報を使って、ある意味時の総理大臣まで脅すぐらいのことをやって見せるシーンはびっくりしたし、鷲津の底力を見せてもらいました。とても楽しかった。

これらの結果、サムライファンドがあけぼの電機を買収出来たのはホント日本の国のことを考えてるんだなと感心させられたし、何か日本人として誇らしげに感じました。

また、日光みやびホテルが外資のホテルチェーンに買収されても、さらに良いホテルにするために意見を申し入れるとは、なかなか親会社には言えないのに言い放つ松平社長はやり手やなと感じました。

みさ

冒頭の鷲津と滝本の二人のシーンでは鷲津は流石でしたね。

いくらいい条件を突きつけられても自分の中にある信念崩さない姿勢は素晴らしいですし、ああいう姿勢が部下にも届いていくのだなと思いました。

そして逆に滝本も手段を選ばず貪欲に欲しいものを取りに行くという所に関しては、率直に凄い人だなと感じます。

そしてあれほど切実に頼み足を舐めてやるからの、ダメだと分かったときのチッという切り替えの早い演技は見ていていいものがありましたね。

鷲津が最後に言った「愉快な余興をありがとうございます」の一言は、見ている側から面白かったので逆にありがとうと言いたい気持ちになりました。

マスコミを使い鷲津をつぶそうとしているのに対して、鷲津がそれを逆に利用してテレビでファインの背後にはアメリカの軍事産業がいるというのを公表したのも鷲津の作戦の一つでした。

相手をけしかけて滝本という人間がどういうものなのか、あけぼのの社員たちにこれが真実ですよと言っているように聞こえました。

キチっとあけぼのに行ったところは鷲津らしい人柄が出ていましたし、この買収騒動の当事者があけぼのの社員達という言葉で、この鷲津と言う人間は物事をよくわかっているなと感じたシーンの一つでしたね。

プラザグループがTOBを仕掛けた時点で、金額では到底勝てないのでどうするのだろうと見ていましたけど、まさか総理大臣にまで話が発展するとは考えていませんでした。

あの場面はインパクトありましたね。

また総理大臣という日本のトップに対しても鷲津らしさ全開で、あのシーンは見ていてワクワクしていました。

すべてが鷲津のシナリオ通りに動いていく様は、まさに痛快の一言でした。

その陰にアランの存在があったことも、ドラマとしていいところだなと感じました。

アランもようやくわかったみたいで、鷲津と話しているの見て安心しました。

ハゲタカ 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.23