遺留捜査 第5シーズン 6話のあらすじとネタバレ感想

遺留捜査 第5シーズン

ドラマ「遺留捜査 第5シーズン」6話のあらすじとネタバレ感想について述べたいと思います。

遺留捜査 第5シーズン 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.24

まずは気になるあらすじからどうぞ。

遺留捜査 第5シーズン 6話のあらすじ

平安時代から続く名家である“鴻上家”で、亡き当主の妻・美沙子(銀粉蝶)が遺体となって見つかった。美沙子は10年前に夫を亡くして以来、広大な屋敷でひとり暮らしを送っていた。
第一発見者は息子の妻・紀香(櫻井淳子)で、彼女もまた、5年前に夫を事故で亡くしていたが、現在も亡き夫との約束を守って、週に一度、姑である美沙子の様子を見に来ていたという。
凶器は遺体の傍らにあった石と思われたが、その石は奇妙なことに片面だけが平らでツルツルしており、糸村聡(上川隆也)はそこに興味を抱く。

事件を聞きつけた美沙子の妹・香取夏江(久世星佳)、甥・香取清(石田佳央)、義弟・鴻上利勝(モト冬樹)ら親族が押しかけてくるが、その矢先、床の間に飾ってあったはずの骨董茶碗がなくなっていることが発覚。相続権を持つ夏江と清の2人がそれぞれ金銭的に困窮していたことから、特別捜査対策室では遺産目当ての犯行と考えはじめる。
ところが、調べを進めるうちに、紀香と生前の美沙子は激しくいがみ合っていた事実が浮上。遺産目当ての2人のどちらかによる犯行か、それとも被害者と感情的に対立していた紀香による殺人なのか…。佐倉路花(戸田恵子)は3人の動向を徹底的にマークするよう、特対メンバーに命じる。

そんなとき、科捜研研究員・村木繁(甲本雅裕)の調べで、凶器の石が京都名産の高級品であることが判明して…!?

出典:テレビ朝日公式サイト

遺留捜査 第5シーズン 動画見逃し無料視聴の方法

遺留捜査 第5シーズン 6話のネタバレ感想

それではドラマ「遺留捜査 第5シーズン」6話のネタバレ感想です。

ゆか

天皇家の流れをくむといわれる名家の鴻上家で、妻の美紗が頭部に打撲傷を負って亡くなっているのを、亡き息子の嫁の紀香が発見し通報します。

現状の側に石があり、その石に血痕があることから凶器と思われ、その石に糸村が注目します。

その石は、片面だけが平らな研ぎ石であることがわかり、その石がなぜ現場にあり、どうして亡くなった美沙がその石を取り寄せたのかに糸村が疑問を呈し、調べていくうちに、美沙の息子で料理人をする友人とその嫁に注目します。

一方、特別捜査対策室としては、美沙と嫁の紀香が、いつもいがみ合って喧嘩していたことや、親族間での金銭にまつわるトラブルが明らかになるにつれ、遺産相続を巡って起きた殺人事件として捜査がすすみます。

糸村が、凶器となった石を調べたことで、亡くなった美沙が嫁の為の懐刀を研ぐために準備したことがわかり、いがみ合っていた嫁も実家の一部にマンションを建てることで、姑の美沙が体の自由がきかなくなった際にいつでも入居できるようにしようとしていることなどが判明します。

結局、犯人は、遺産相続をめぐる親族ではなく、料理人の嫁が不倫現場を目撃されたことでの口封じのために美沙を殺害したことが判明します。

嫁と姑がいがみ合い、口喧嘩することは昔からよくあることで、側からみれば本当の関係はこのドラマのように悪く見えますが、本当の仲は当人同士にしか分からないものです。

喧嘩するほど仲がいいという言葉を、具現化したような美沙と紀香の関係のように感じられました。

りな

いつも話の造りが面白いので楽しみにしている遺留捜査。

今回も期待を裏切らない出来栄えでした。

凶器となった石も取り寄せた石だったり、犯人も意外な人物だったりで、ひとつずつ謎が分かってくる感じが心地よかったです。

被害者は口うるさく厳しい人だったのです。

周りから誤解されることが多かったみたいですが、捜査するうちに実は世話焼きで寂しがり屋な面も分かって来て、最後の3分ではしこりのあった親戚との溝が一気に詰まった気がしました。

ほんといつも上川隆也さん演じる糸村刑事の「3分時間をください」が楽しみです。

予告で嫁と姑の口論シーンがあったので、お互いに犯人と疑いあっている事件なのかなと予告していたのですが、冒頭に姑が殺害されたので驚きました。

息子が亡くなってからも通って来ていた嫁やお金に困っていた親戚が疑われましたが、実は息子の同級生の小料理屋の店主の嫁が浮気をしていたのを見つかったのが理由だったのが驚きました。

その嫁は小料理屋の手伝いをしているのに髪をくくらずにいたり、爪を伸ばしたままだったりで前から色々注意されていたのも気に入らなかったみたいで、言い争った時に見つけた石で殴ってしまったという陳腐な殺人でした。

その場の感情でやってしまったというのがもったいない気がします。

被害者も気持ちはいいひとであっても言葉を選べば良かったのにと思いました。

最近、科捜研村木さんと糸村刑事の掛け合いが時短バージョンになっている感じがしますが、自然な感じがしてそれがたまらなく楽しいです。

遺留捜査 第5シーズン 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.24