刑事7人 第4シリーズ 第7話のあらすじとネタバレ感想

刑事7人 第4シリーズ

ドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第7話のあらすじとネタバレ感想について述べたいと思います。

刑事7人 第4シリーズ 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.22

まずは気になるあらすじからどうぞ。

刑事7人 第4シリーズ 第7話のあらすじ

暴力団に出入りしているチンピラの沼田篤史(神農直隆)が刺殺体で発見される。現場にあった車のシートの間からヘアピンが見つかり、そこから20年前に17歳で失踪した皆本あずみ(駒井蓮)の指紋を検出。当時あずみが車の助手席に乗る姿が目撃されており、今回の現場にあった車の特徴とも一致した。

天樹悠(東山紀之)と野々村拓海(白洲迅)は、あずみの両親・治(斉木しげる)と春子(山下容莉枝)の元へ。ヘアピンの写真を見て「生きているかもしれない」と興奮する春子に寄り添う治…。あずみの親友だった藤沢仁美(岩佐真悠子)も、今でも春子たちを心配して時々訪ねてくれているのだという。

一方、沼田について調べていた水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)は、通話記録の中に大病院の理事長・阿久津秀夫(中西良太)とのやりとりが何度もあることを知る。阿久津は最近の度重なるセクハラ発言で世間から騒がれてもいる人物。環たちが彼を訪ねると、阿久津は沼田とは知人で、1週間前に投資用の資金として300万円程を渡したと証言。死亡推定時刻はホテルにいたと主張する。

一方、天樹と野々村は20年ほど前に沼田と一緒に恐喝で逮捕されたことのある男と接触。当時の沼田は売春グループを作って稼いでいたと聞く。拓海が皆本宅から借りてきた、あずみの写真を見せると、男は「懐かしいな」とポツリ。だが、その彼が指したのはあずみではなく、彼女の隣で仲良く一緒に写る別の人物で――!?

出典:テレビ朝日公式サイト

刑事7人 第4シリーズ 第7話のネタバレ感想

それではドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第7話のネタバレ感想です。

まみこ

暴力団との関係があるチンピラ、沼田の刺殺体が発見され、現場の車のシートから20年前に失踪した皆本あずみの指紋が検出されます。

当初、暴力団との金がらみの殺人事件と思われますが、沼田の行動を調べていた水田と青山が、大病院の理事長である阿久津と沼田の関係を突き止めます。

阿久津が投資資金として300万円ほどを沼田に渡したことがわかり、阿久津に疑いの目を向けます。

しかし、阿久津には沼田の死亡推定時刻にホテルにいたアリバイの主張があります。

天樹と野々村は、現場に残された指紋から皆本あずみの関係者をあたります。

そこで、20年前にあずみの友人、藤沢仁美が援助交際に加担していたことがわかり、あずみも関わっていた疑いも浮上します。

しかしながら、真実は、援助交際に加担している仁美を、そのグループから抜けさせるために皆本あずみが、黒幕である阿久津に会いに行ったことが明らかになります。

しかも、そこで持病の喘息の発作により死亡し、遺体を沼田が阿久津に変わって処理したことも明らかになります。

仁美が事件の真相を知り、あずみを地中に埋めさせた阿久津に復讐するために、ボイスレコーダーで記録しながら対決するものの殺害されます。

あずみの失踪後、あずみの父親は援助交際と阿久津の存在を知っていて、阿久津への復讐を企てるものの、間一髪で天樹が阻止します。

大病院の阿久津が欲望を満たすために起こした事件で、関係した当時高校生の二人が死亡し、その両親の時間が20年もの間止まってしまい苦しむという現実があまりに切ないものでした。

天樹が過去の事件との関連性に気づかなければ、事件に隠された真相が明かされ、遺族がどういった心情になるのかは想像もつかない印象を持ちました。

なみえ

今回のお話は失踪した子供を何十年もの時間をかけてやっと見つけるという悲しいお話でした。

失踪した子供が何を思い、何を伝えたいのか、どうしてこうなったのか、というのを家族は追い求めて自分達だけで必死に捜索をしていましたが、手掛かりは結局見つからず何十年もの時間がすぎるばかり。

何か進展がないかと焼死体などの情報を聞きつけては警察に行くなど、自分の子供の何かが一つでも見つかれば今の自分たちが救われるかのような表情で毎日を送っている、そんな気がしました。

本当にたまらない何とも言えない感情がこみ上げてきます。

実際に失踪事件などあり得ることですから、自分の身近にこういったことが起きたらと考えるとこの家族の気持ちがよくわかります。

何十年もの間ずっと子供の無事を祈りつつ、どんな形でもいいから現れてくれと願うのは当然のことです。

やっと何十年もの時間がすぎて、手掛かりが見つかったと思えば、娘さんは援助交際をしていたと言われたら、気が気ではありません。

どうしてこのようなことを言われなければならないのかと怒るのも当然ですし、信じたくもない。

家族思いの優しい自分の娘を信じるお母さんは本当に優しく、娘さんもこのお母さんによく似たのだなと思い、涙が出ました。

結局、今回の事件の犯人は様々なことが絡み合い、真実を知った失踪した子供のお父さんでしたが、本当の娘さんの真実である声を聞いた時のお父さんの涙は、観ているこちらも辛くなるような涙で、本当に何とも言えない声にならない気持ちでいっぱいでした。

娘さんは本当に優しい子で、きちんと失踪した日に誕生日プレゼントを買っていましたし、メッセージも書かれていました。

その日は偶然にも親友のことを思ってどうにかしてやめてほしいと援助交際相手に伝えるために頑張ったのですが、そこで持病である喘息の発作が起こり亡くなってしまったという悲しい事件。

でもその時にきちんと病院に連れて行っていれば何とかなったかもしれない。

相手が本当に社会のクズだったので、刑務所で痛い目にあえば良いと思います。

絶対に許されません。

今回のお話も悲しい結末で最後をむかえましたが、来週も悲しいお話なのかなと思いつつ来週が待ち遠しいです。

刑事7人 第4シリーズ 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.22