高嶺の花 7話のあらすじとネタバレ感想

高嶺の花

ドラマ「高嶺の花」第7話のあらすじとネタバレ感想について述べたいと思います。

高嶺の花 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.22

まずは気になるあらすじからどうぞ。

高嶺の花 7話のあらすじ

直人(峯田和伸)との結婚式の途中で、現れた吉池(三浦貴大)とともに式から逃げ出したもも(石原さとみ)。ももは、吉池を妻・真由美(西原亜希)のもとへ返し、直人を痛めつけた罪悪感を背負って、一心に華道と向き合うつもりだった。しかし、別れる時になぜか笑った直人の「笑顔」が、ももの頭から離れない。
高井(升毅)は、ももが自ら結婚を壊した思いを説明しようとするが、商店街の人々は理解できないと憤る。だが直人だけは、高井の謝罪を受け入れた。直人には、ももへの怒りはまったくないのだ。

ももは、市松(小日向文世)、ルリ子(戸田菜穂)とともに、京都にある華道界の名門・神宮流の次期家元と目される兵馬(大貫勇輔)と会食する。兵馬は、ももが「もう一人の自分」が見えず苦悩していることを、瞬時に見抜いた。華道家として圧倒的な存在である兵馬に、ももは敬意を抱く。ももは兵馬に、龍一(千葉雄大)のことを尋ねた。すると、兵馬と龍一の意外な関係が明らかになった…。

直人は、図書館で同じ本を借りようとする女性・千秋(香里奈)と出会い顔見知りになる。そんな中、旅を続ける宗太(舘秀々輝)から電話が入った。一緒にいる坂東(博多華丸)が倒れたというのだ! たまたま居合わせた千秋の車に乗せてもらい、直人は千秋と、宗太を助けるため山梨へ向かう。
そしてなな(芳根京子)は、龍一とドライブの約束をしていてホテルの部屋を訪ねる。そこには、密会中の龍一とルリ子がいた…! 目の当たりにしてショックを受けたななは飛び出していき、そのまま行方不明になってしまう。知らせを受け、必死に探すもも…。

出典:日本テレビ公式サイト

高嶺の花 7話のネタバレ感想

みさ

直人の前に謝罪に訪れた高井に向かって幸平たちが「父親が来るべきだ」と言っているシーンを見て複雑な気持ちになりました。

彼らは高井がももの本当の父親であることを知らないだけで、実際には彼らが言う通り「ももの父親」が謝罪しているということに、真実を告げることができない高井のもどかしさを感じました。

また、龍一とルリ子の関係を知ったななに市松が話しかけているシーンがありましたが、彼の本心を考えるとすごく怖くなりました。

ななが真実に気づくように仕向けていたようなセリフもあったし、以前ももに対して「お前まで私を否定するのか」というようなことを言っていたと思うのですが、結局彼にとってももやなな、ルリ子、そして高井も全員「憎しみ」の対象でしかないように感じられました。

そして、ももと兵馬が会話をするシーンでは彼女が兵馬の考え方に共鳴しているようにも見えたのですが、それは、彼女がこの先罪悪感を背負いながら次期家元として生きていく決意をするため、のように思えました。

この後、二人の距離が縮まっていくようですが、それはももにとって本当にいいことなのでしょうか。

あと、再び直人の前に現れたももを「高嶺の花」に例えて、「あなたはそこに咲いているだけでいい」と言っていましたが、それを聞いて彼女が何を感じたのか気になりました。

このセリフは直人が彼女を「もの」として見ていると言っているように聞こえて、そのことにももが驚いているようにも見えたのですが。

りな

芸術家として大成するために自分を踏み台にしたももを許し、側にいられなくても生きていてくれるだけでいいと笑って言えてしまう直人の自己犠牲の精神は、究極の愛だと思いました。

自分がやられたら嫌なことは絶対しないと言い切っていた直人の前で、結婚式当日の破談という、自分がされて一番嫌だったことをしなければならないももは、とても辛かったと思います。

でも、ももの苦しい心情を全て分かった上で笑顔を見せてしまったのは、直人の精一杯の強がりであり、弱さだったのかもしれません。

悲しみ、自分を非難してくれなければ、罪悪感を抱くこともできないし、直人の手を離してしまったことに後悔しか残らなくて、結果的にももはさらに苦しむことになってしまったと思います。

またしても、母親の遺言というプレッシャーを与えて、ななと競わせることでももを窮地に追い込み、ももの母親への恨みを晴らそうとする家元の悪意に呑み込まれる結果になってしまったのは、とても残念でした。

さらに家元は、実の娘であるななにも、宇都宮とルリ子の密会現場を目撃させるという究極の嫌がらせをし、華道家としての孤独感を示そうとしました。

名家に生まれた宿命の厳しさを教えたいという親心だったのかもしれませんが、あまりにも残忍な手口だったし、宇都宮やルリ子もそれぞれに悪意はあるけどみんな傷ついたと思うし、家元の暴走は不幸しか生まないんじゃないかと思いました。

こんな胸糞悪い伝統なら、ももとななの力で打ち破ってしまえばいいのにと改めて感じました。

高嶺の花 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.22