絶対零度 未然犯罪潜入捜査 7話のあらすじとネタバレ感想

絶対零度 未然犯罪潜入捜査

ドラマ「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」7話のあらすじとネタバレ感想について述べたいと思います。

まずは気になるあらすじからどうぞ。

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.22

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 7話のあらすじ

井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームは、田村(平田満)の死に大きなショックを受ける。法で裁けない犯罪者たちに制裁を加えていた田村が、自ら死を選ぶ前に残した最後の言葉は「ミハンを必ず実現させてください」だった。その遺志を受け、東堂(伊藤淳史)は、報告書から田村の名前を削除してミハンとの関わりを消すと、捜査の再開を指示する。山内(横山裕)と小田切(本田翼)はそれに同意した。しかし、南(柄本時生)だけは簡単に田村の死を割り切ることが出来ない。井沢は、そんな南を捜査に連れ出すが、南は拒否して資料課に帰ってしまう。

ミハンが選び出した新たな危険人物は、実体のつかめない麻薬密売組織に関わっている疑いがあり、2ヵ月前に任意の取り調べを受けていた新谷啓一(小柳友)という男だ。組織のボスは「喜多野」という名前だが、それは通り名に過ぎず、本名も顔もその正体は謎に包まれていた。喜多野は、ビジネスのためなら躊躇なく人を殺す、冷徹な殺人者だ。

新谷は、取り調べを受けた後、涼子(青野楓)という女性と結婚し、とある団地に引っ越していた。小田切たちは、向かいの棟に張り込み部屋を用意し、監視を始める。

「喜多野」の正体をつかむ手がかりは新谷しかいない。「喜多野」とはいったい誰なのか――!? 危険が迫る中、新谷たちの上階に住む7歳の少年・ユキオ(山城琉飛)が母親から虐待されているらしいことに気づく。

その頃、井沢は、自らの妻子を殺しながらも立証されず、別件逮捕されていた宇佐美(奥野瑛太)が、まもなく出所することを知る。そして、桜木泉(上戸彩)の事件にも新たな真実が発見されて――。

出典:フジテレビ公式サイト

 

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 7話のネタバレ感想

 

としや

東堂刑事が、田村を追い詰めたのは私だという責任を感じていたが、それは違うのではないかと思った。

未然犯罪潜入捜査班のメンバーは誰も悪くない。

田村刑事は一線を越えてしまったが、田村刑事の行為はあくまでも私情を挟んだだけであり、井沢刑事らが田村刑事を心配しても田村刑事は井沢刑事らに頼ることも、相談することも、打ち明けることもなかったのだと思われる。

だからこそ、東堂刑事らは田村刑事の行動に関する責任を感じないで、田村刑事がミハンを続けて欲しいと言った以上、その言葉を受けて、ミハンを続行していけば良いのだと感じた。

南刑事が田村刑事の件に関する責任を感じて、自分は本来、資料課の人であると言い、一時期は捜査に出ないことがあっても、最後の最後にユキオを守ろうとした姿勢がよかった。

その様子だと南刑事は明らかに田村刑事の件を乗り越えているのだと思った。

南刑事は資料課ではなくて、未然犯罪潜入捜査班のメンバーになるべきだと感じた。

小田切刑事と山内刑事によるアクションのシーンはカッコいい。自然と相手を制圧することができている。

ユキオの身体には虐待の跡があったり、ベランタに放置されたり、近所の人でも心配する程のレベルにも関わらず、母親を庇っているユキオがあまりにも優しくて、そしてますます可哀想で誰かユキオを救ってあげてという気持ちになった。

最後の最後にユキオが楽しそうに遊んでいたというシーンが見れて嬉しかった。

これは井沢刑事らの未然犯罪潜入捜査班の捜査があったからこそユキオは救われたのだと思った。

 

 

ありさ

井沢(沢村一樹さん)たちミハンチームは、田村(平田満さん)の死に大きなショックを受ける。

やっぱり同じチームの死は耐えられないと思う。

それにその現場に居た事の衝撃は計り知れないと思う。自分なら悲しみで耐えられない。

法で裁けない犯罪者たちに制裁を加えていた田村が、自ら死を選ぶ前に残した最後の言葉は「ミハンを必ず実現させてください」だった。

その遺志を受け、東堂(伊藤淳史さん)は、報告書から田村の名前を削除してミハンとの関わりを消すと、捜査の再開を指示する。

山内(横山裕さん)と小田切(本田翼さん)はそれに同意したが、南(柄本時生さん)だけは簡単に田村の死を割り切ることが出来ない。それはしょうがないと思う。

みんな割りきれるものではないと思うけど、南の感情は正しいと思う。

みんな警察官だからかちょっと冷めて見えてしまう。

井沢は、南を心配して捜査現場に連れ出すが帰ってしまう。もう少しゆっくり時間をかけてあげてもいいのかなと思ってしまった。

今回はミハンが弾き出した人物より気になったのは、7歳の少年のユキオ(山城琉飛さん)が母親から虐待されている事。

ベランダに出されていたり、両腕にアザがあったり、いつも同じ服を着ていたり、観ていて悲しくなって来る。

役所も強く言えない現実にほんとモヤモヤしてしまった。こんな子が一人でも居なくなることを祈りたい。

最後に母親と離れる所で、ようやく母親らしい顔をしていたけどそんな顔をするならもっと早く子供を大切にすればいいのにと思ってしまった。

 

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 7話のまとめ

田村(平田満)の死の受け止め方がメンバーそれぞれに違いがあり、各メンバーの信念や正義などが改めて問われる形となった気がします。

さらに桜木泉(上戸彩)の事件の事件の新たな真実が発見され、いよいよ熱気がマックスモードに突入してきましたね。

次回8話では新たな真実は明かされるのでしょうか?

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 動画見逃し無料視聴の方法

2018.08.22